空手道 東眞会 横浜支部

連盟


            NPO武道教育推進連盟


武道教育推進連盟は、空手道東眞會初代会長故鈴木義一が、東眞會の上部組織として『武道教育推進委員会』を設立。主に武道家や武道に理解ある自治体の議員などが、武道精神を社会に浸透させる目的で活動していました。
1992年に東眞會二代目鈴木会長が『武道を通じての社会教育をより多く理解・浸透させ、武道家の社会的地位の向上、各団体の親睦、交流』を目指して名称を変更、再発足しました。様々な団体が加盟しており、現在全に、参加団体が増えつつあります。
武道教育推進連盟の理念として、『武の道を通じて人格を陶冶する。』ということと、各団体が対等であるということ、NPO活動以外は、各団体の活動内容も自由であるということが挙げられます。各団体が自由な活動の中でサポートしあい、交流を持ちながら協力して行くという形を取っているので、各団体の理念、方針等は守られます。そのような中で、共通、個別に関わらず様々な問題を、お互いに話し合ったり、社会問題、学校問題等の諸問題を、いかに武道の立場から改善して行けるかを,一番大切な目的としています。
学校や家庭の乱れが叫ばれて久しくなりますが、このままでは、日本の将来が危ぶまれる事は、皆さんが肌で感じていると思います。しかし、「今の学校教育は良くない。」「今の教師は良くない。」「親の教育が出来ていない。」などと思っているだけでは、何も進展はなく、社会の乱れを止める事は出来ないと思います。そこで、身近なところから「武道修行」や「武道精神」を背景に、青少年を心身ともに鍛え、将来の日本を任せられる子供達を一人でも多く育てて行こうではありませんか!



臥龍旗選手権で挨拶する、故 鈴木儀一(初代会長)